京都市イノベーション・キュレーター塾 第2期塾生募集

代表の髙津が塾長を務める、京都市 イノベーション・キュレーター塾で第2期塾生を募集します。

「イノベーション・キュレーター」とは、社会的課題を解決する・課題を生まない社会を目指す視座を持ち、従来のビジネスや組織を、目指す未来へ向けてイノベーティブに導く人のことです。

今回募集する京都市イノベーション・キュレーター塾のキャッチコピーは、「持続可能な社会の実現を目指す、〝四方よし”ビジネスの支援者」の創出。”四方よし”とは、かつての近江商人が大切にしていた商売の精神「三方よし(売り手よし、買い手よし、世間よし)」に「未来よし」を加えた言葉です。

伴走者、事業者、社内イノベーターなど様々な立場で活躍する塾生とともに、前期(全6回)では、ソーシャルチェンジの仕掛け人5名のゲストスピーカーと髙津のセッションによる講義と並行して、マイクロプロジェクトの作成・ブラッシュアップをグループワークにて実施します。
後期(全4回)では、前期で学んだことをベースに、事業者が実現したい未来への道を伴走しながら走る力、自分の組織をイノベーティブに変革する力などを養います。講義やグループワークを通じて、改めて「イノベーション・キュレーター」とは何かを捉え直し、実践で必要となる俯瞰力や関係性を捉える力を学びます。

募集要項など詳細については、こちらのリンクからご覧ください。
https://social-innovation.kyoto.jp/learning/700

たくさんの方からのご応募をお待ちしております。

 

Screenshot_2016-06-21-15-48-45-1-1

ニュース一覧

カテゴリー

アーカイブ

↑